カット床革の入荷予定はいつだって未定なんです、、、

コロナ渦で運動不足に拍車がかかってちょっとやばいなということで、Amazonで買ったアブローラー(腹筋ローラー?)を数回やったら、朝から筋肉痛が激しいネット店長の関根です。

みなさんは日ごろ運動していますか?レザークラフトは多分そんなに運動にならないだろうし、なんなら同じ姿勢で縫い続けてると肩こりますしね。

◆床革の切り革の入荷予定について

ぱれっとではたくさんの種類の切り革を扱っています。あらかじめよく使う厚みに漉いて裁断しているんですが、その時に床革が発生します。この床革もカットしたり、もしくは1枚(半裁)で販売しています。

ただ、床革については吟面側の切り革が売れないと発生しないため、床革が売切れたとしても再入荷は完全未定という感じになってしまうんです。よく売れている切り革の床革であればある程度の頻度で出ますが、それでも希望の色や厚みで出るかは何とも言えないんですよね。

例えばペコスハードの床革は床面が処理されていて、適度にハリもあるので、そのまま小物を作ったりするのにも向いていて床革の中では人気です。

https://p-leather.net/?pid=123649278

でも前回使ったこの色のこの厚みが欲しい!という場合に在庫があるかどうかは何とも言えないんですよね。しかも何か月以内には入荷すると思いますとも言えないので、、、(・_・;)

受発注でやっているクラフト作家さんだと、こういう再入荷の目途が立たない床革を定番品に使われるのは少し難しいかもしれません。

その時のあったものを購入してそれで作ったものを、限定品として販売される場合は問題ないと思いますが。。

なので在庫切れになっているカット床革の入荷予定を聞かれると、最終的には未定です、という回答になってしまうんですが、

「2ヵ月以内に入荷する可能性はどれくらいですか?」みたいに聞いてもらえると助かります($・・)/~

いついつ入荷します!というお約束はできないんですが、例えばその革の回転率や現時点での吟面側の切り革の在庫などから、多分1-2ヵ月以内に発注するかもという予測ができるものと、回転率も低く吟面側の切り革在庫もたくさんあるとなると、半年しても入らない可能性あるなーとかはあるので。

◆裏地をアルコールで拭いても大丈夫?

コロナ渦らしい質問をいただきました。(消毒的な意味合いで聞かれたのかわかりませんが)

ぱれっとで販売している合成裏地について、アルコールで拭いても大丈夫なのかというお話。

確かに市販されている製品とかは、アルコールで拭いたらめっちゃ色落ちしたとか、変形した、とかあると思います。アルコールは結構薬品としては強いので、革にしろ、合成裏地にしろ、ある程度素材へのダメージはあると考えられます。

まあ、手指消毒で頻繁にアルコール使っていると、手が荒れるというのも似たような問題でしょうか。

しかしこのご時世だと、身の回り品の革製品も手が触れる部分は毎日でも消毒したい!みたいな方もいるかと思います。

でも革にアルコールが染み込みやすいヌメ革を、頻繁にアルコールで拭いたりするのは色落ちや革へのダメージという点からはやめておいた方がいいかなぁと思います。

問い合わせのあった合成裏地についてはぱれっとで試してみたところ、ほぼ色落ちしたりすることはなかったのですが、革についても実際にどれくらい色落ちしたりするのか、いろいろ試しにやってみたら面白そうですね。(機会があればやってみます~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です