レバーナスカンは開いた状態も見たいよね

最近ポテチとアーモンドチョコを一緒に食べることにはまっているネット店長の関根です。塩加減と甘さ加減が絶妙なんですよね。

◆金具の打ち具はサイズさえ合えば使えるのか?

具体的なお問い合わせとしては、例えばカシメ打ち小は手持ちのカシメ頭径6mmのものに使えますか?というようなものはよくいただきます。金具と打ち具の対応については、基本的には「当店で扱っている金具と打ち具であれば大丈夫ですが、お手持ちの金具(当店で扱っていないもの)と合うかはわかりません」という感じでお答えしています。

実際、世の中にはいろいろな金具があるので、お客様の手元にある金具がどんなものなのかわからない状況だとそういう回答になってしまいがちですが、実はホックなのか、カシメなのか、ハトメリングなのか、によって状況は微妙に違ってきます。

まずホック、バネホックとかジャンパーホックですね。これは頭径が同じなら大丈夫っしょ!とは言えないこともままあります。例えば100均でホックとか買うと、そもそも布地用のスナップホックというようなタイプのものもあったりもします。

それでなくても、打ち具の構造的に中側から打つので、中の芯径が合わなければ打てないんです。まあそのあたりは画像で当店のバネホックと見比べてもらって、ほぼ同じじゃない?と思えば試してもらってもおおむねは行けると思いますが、、、

カシメは打てるか打てないかでいえば、頭径があってればおおむね大丈夫と言えます。メーカー等が異なると、ドームの角度が違うこともあるため、そういう場合はあたりが出てしまう可能性はありますが、バネホックやジャンパーホックのように「そもそも留まらない」ということにはなりにくいでしょう。ただちゃんときれいに留められるかどうかは別問題ですので、基本的には正規の組み合わせを当店でご購入いただくのが一番かと思います。

最後にハトメリングは頭径(というか内径)があっていても難しいケースは多々あると思います。100均とかでもハトメリング売っていますが、ハトメリングはツバの径もあっていないと潰れちゃうので、内径同じだからいけるっしょ!とはならないよということですね。

◆パッケージに破損があったのだけど?

というご指摘をいただいたことがあります。そのお客様はプレゼント用に購入されていたので、それじゃあまずいということで交換させていただきました。

しかし、パッケージ(外装)については多少の傷・汚れ等はご了承いただければと考えています。

もちろん当店で交換可能なパッケージについては、傷や汚れが目立てば入れ直ししていますが、当店でそもそも交換できないパッケージ(箱やブリスターパック等)はひどい汚れや破損がなければ、そのまま出荷しています。

例えばSINCEツールは結構しっかりした箱に入っているんですが、中国からの輸入ということもあってか、メーカーさん(協進エルさん)に入荷した時点で多少の汚損があることがあります。もちろんひどい場合は交換されているようですが、ぴかぴかにきれいなもの以外は交換!というわけにはいかないようです。

そのため、当店でも輸送における若干のパッケージ汚損は許容範囲という考えで出荷させていただいています。

◆コバコート、コバスーパー、バスコ等の分離について

コバコートが分離していて混ざらないよー、等のお問い合わせをいただくことがあります。これらの商品は時間経過で成分が分離してきますので、その場合は振って混ぜていただく必要があります。特にコバスーパーとバスコは、容器に対して9割程度の充填なので、空間があるため振って混ぜやすいんですね。ただコバコートは9.8割ぐらい充填されていることが多くて、ほぼ空間がないので振って混ぜることが難しい場合があります。

そういう場合は、苦肉の策にはなりますが、ちょっとだけ出して、空間を作ってから振り混ぜてもらうか、マドラーみたいなもので混ぜてもらうのがよいです。

コバスーパーやバスコも同様ですが、振ってもなかなか混ざらないなぁと思ったら、底を叩いたりするのも一つの手ですね。

ただし、見かけ上100%混ざっていないように見えても、ある程度シェイクされていれば問題なく使えますので、試し塗りをして様子を見ていただくとよいでしょう。

◆ファスナーの入荷予定いつ?

ぱれっとではクラフト社のファスナーと、自社オリジナルでYKKに発注しているファスナーがあります。クラフト社のファスナーはクラフト社で欠品にならなければ、すぐに入荷していますが、自社オリジナルで発注しているファスナー(型番の頭文字がPY)は欠品になると少し時間がかかります。発注してから約1か月で入荷しますが、サイト上にはいつ発注していつ入荷するかという情報までは表記していないため、納期を知りたい場合は問い合わせていただくとよいかと思います。

多種類のファスナーをそろえるため、各ファスナーはそんなにたくさん在庫はしていませんので、例えば100本必要とか、50メートル必要とか、そういう場合はあらかじめご連絡(予約注文)いただいた方がよいでしょう。

◆ナスカンの開いた状態が見たい

というお問い合わせいただきました。レバーナスカンは互い違いになっている部分があるのですが、写真からだとそれがわかりませんね。

これはちょっと撮影する時の盲点でした。今度レバーナスカン撮影する時は、手で開いた状態も写そうと思います。

https://p-leather.net/?pid=42232902

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です