ロウを引かずに糸を縫ってみる

ロウを引かずに糸を縫ってみることは可能なのか?
試してみました。

こんにちは。
レザークラフトぱれっと初心者スタッフです。
今日は ロウを引かずに糸を縫ってみる とどうなるのか?という疑問を解決するべく、ベテランスタッフにお願いして麻糸とビニモMBT#1で塗ってもらいました。
(いつもありがとうございます)

●使った工具
菱目打ち 4mm
麻糸(茶色)
ビニモ(白色)MBT#1

ロウを引かずに縫ってみる
ロウを引かずに麻糸とビニモMBT#1で縫ってみました。

麻糸(茶色)

  • 針穴に糸を通しにくかった
  • 穴に糸を通すとき、ガサガサとした感触だった

ビニモ(白色)MBT#1

  • 穴に糸は通しやすく、縫いやすかった

結論

麻糸はロウを引かずに縫うとちょっと難しいです。
MBTは比較的、針に糸を通すときも縫うときもやりにくさは感じませんでした。

以下の画像は ロウありの糸(ビニモ) と今回の ロウなしの糸(ビニモ・麻) を比べてみた結果です。
ロウなしの糸のほうが、ロウありの糸よりも毛羽立っている のがわかるでしょうか?

ロウありとなしの比較画像

ロウなしの糸で縫った製品を長く使い続けるとどうなるか、大体想像がつきますよね。
より毛羽立ってきてしまい、見た目が悪くなってしまいそう。。。
糸にロウを引く必要性は、縫いやすさだけではなく長持ちさせるためにも必要であることがわかりますね。


>>レザークラフトぱれっとのホームページはこちら

>>レザークラフト 作り方紹介のまとめはこちら
>>レザークラフト 工具の使い方紹介のまとめはこちら

★質問はコメント欄にお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です