フィギュアカービング「カメレオン」

フィギュアカービング「カメレオン」 
作成者:高橋真紀さん

★レザークラフトぱれっとのスタッフが作製した作品を紹介します!

●使用した工具
カッター
アンティックダイ
レザーコート
フィギュア用モデラ
アクリル絵の具


フィギュアカービング 「カメレオン」:全体図
【全体図】
色が鮮やかで美しい…

参考にした写真などはありますか?

インターネットで写真を探して、色合いなどはそれを参考にしました。

フィギュアカービング 「カメレオン」:顔のアップ1
【顔のアップ】
こうやって見るとホンモノみたい。肩のしわとか柔らかそうに見えます。
フィギュアカービング 「カメレオン」:顔のアップ2
【顔のアップ】
細かく色を使い分けることでよりリアルに。ちょっと怖いですね…

目が印象的ですね

目を丸く見せるのはこだわりました。
目のふちにはカッターを斜めにして切込みを入れて、目の中心まではモデラでなでるように丸みをつけています。
黒目のところは少しへこませていて、立体感を出しました。

色は何色くらい使っているのですか??

木の色はアクリル絵の具のバーントアンバーという焦げ茶色を使っています。
カメレオンは緑色、黄色、黒色、白色を主に使い、重ね塗りしています。

フィギュアカービング 「カメレオン」:足元のアップ
【足元のアップ】
足の丸みや枝を掴んでいる感じなどが、凹凸によってよりリアルさを出してますね。

丸みを出すために意識したことはありますか?

ふちはフィギュア用モデラでなでるように丸みをつけています。

フィギュアカービング 「カメレオン」:あごのアップ
【あごのアップ】
あごのひげ?のあたりも切込みがびっしり。コバの色まで細やか。

カットは何でやりましたか?

すべてカッターを使いました。

フィギュアカービング 「カメレオン」:胴体のアップ
【胴体のアップ】
皮膚の感じは革に無数の線が入っているのと色使いでみずみずしさまで表現されています。

身体のたくさんの線はなにで入れましたか?

実はこの細い線は、裁縫用の針をシャープペンの芯として入れ、ペン型の針を作って使っています。

フィギュア用モデラでもいいんですがもっと細い線をたくさん入れて しっかりデコボコさせたかったので こちらを使いました。(以下の写真参照)

ペン先を針に変えた自作工具
ペン先を針に変えた自作工具
より細かい線を入れたいときに使っているそうです。

作るときのコツはありますか?

ウロコをしっかりと出すことだと思います。
よりリアルな見た目になりますよ!
ぜひ作ってみてください!

だいたい2日間くらいで作ったというフィギュアカービング「カメレオン」。
レザークラフトに慣れてくると、それぞれ使いやすい工具が限定されてきたり、工具自体を加工したり、工夫をしながら楽しんでいるみたいですね~

コチラの作品は店舗にもサンプルとして置いてありますので、作りたいと思った方はぜひスタッフに声を掛けてください。

★質問はコメント欄にお願いします。


その他の作品はコチラでも紹介しています!
>>レザークラフト 作品紹介のまとめはこちら

>>レザークラフト 作り方紹介のまとめはこちら
>>レザークラフト 工具の使い方紹介のまとめはこちら

>>レザークラフトぱれっとのホームページはこちら

★質問はコメント欄にお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です